太陽光発電のメリットを知ろう

太陽光発電のメリットを知ろう

家の屋根や会社の屋根を見ると一面キラキラとした板が乗っかっていますが、それを太陽光発電だと知っている人は意外と多くなってきています。

太陽光発電のパネルに有効な知識の紹介です。

太陽光発電という名前を知っていても実際になぜ世の中で普及しているのか、なぜ何十年もの間人気が衰えないのかを知るにはそのメリットを知らなければなりません。
メリットを知ることで、これから太陽光発電を自宅に設置したいと言う人にとっても参考になるはずです。



まず、最大の魅力は太陽の光で発電したものは売ることができるからです。これを売電と言いますが、この売電に関しては期間が設けられていて10年間は売電はできると定められています。
また、二酸化炭素や硫黄酸化物、窒素酸化物を排出しないため、地球環境に優しいと言うメリットがあります。例えば、火力発電であれば二酸化炭素、硫黄酸化物、窒素酸化物を排出して大気汚染物質を発生させる原因になります。



結晶系シリコン太陽電池を例にとると、その二酸化炭素の削減効果は、1kWシステム当たりで年間314kgにもなるのです。


さらに太陽光発電は設置場所を選ばないことでも知られています。基本的には太陽がもろに当たる割にはほとんど使い地味がない屋根の上にあります。


そのおかげで屋根の使い道もはっきりします。

太陽光発電の学校の情報を簡単に探すことができます。

最近では、土地を買って太陽光パネルを設置しているところもあり、それが一つのビジネスにもなっています。
これ以外でも様々なメリットがあり、お得感が強いのです。

バブル崩壊後、日本全体が不況の影響を受け、景気が良かった商売もダメになり、会社員の給料も減らされ、自営業は軒並み倒産するという事態を招きました。
その一方で、人々は柔軟に対処し、節約する方法をうまく見つけ出したのです。

例えば生活費の中でも光熱費、特に夏場と冬場の電気代はバカになりません。


そこで、太陽光を使って電気代を節約しようとする人も出てきたわけです。


俗に言う太陽光発電です。
太陽光発電は日本がまだ景気が良かった頃からあったのですが、不況になってからは特に注目され始めたのです。

それと同時に地球温暖化などの環境問題についても良い影響を与えるということで、国としても1994年から補助金を出すようになったのです。



このように注目を浴びる太陽光ですが、現在でも電気代の節約のために設置をする人は後を絶ちません。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1049732790

では、太陽光発電で電気代を節約するにはどうしたらいいでしょうか。

まず、太陽が出ているのは昼間だけですので、昼間は発電した電力を使い、夜には昼間発電した電気を使うという方法があります。

ただ、そのためには家庭用畜電機が必要で、これがないと結局夜間は電力会社が供給する電気を使わなくてはならないのです。

(家庭用畜電機は安いものであれば50万円ぐらいで購入することが可能になりますが、それなりの容量を備えたものになると500万円から800万円ぐらいはかかります)。

https://m3q.jp/t/2024

さらに、使わない電気は売電ができますので、その分を売却することにすれば、電気代を0円にすることも夢ではありません。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10159800605

    関連リンク

    • 太陽光発電こそ正真正銘の太陽エネルギー発電である

      言うまでもなく、太陽は太陽系の中心に位置する恒星として、太陽系に属する全ての惑星にそのエネルギーを供給しています。中でも、人類の住む地球にとって、この太陽の供給するエネルギーは不可欠のものであり、その光と熱が、人類ばかりではなく、地球に生きる全ての生物の命の源となっているのです。...

      detail
    • 太陽光発電を導入し家庭のエネルギーを生み出す

      家庭でエネルギーを生み出す仕組みである太陽光発電を取り入れると、色んなメリットがあります。二酸化炭素の排出を少なくできるし、災害時などにも活用ができるとして注目されていますし、設備の充実も進んだため、夜や曇りの日でも十分に電気が使えるようになって、太陽光発電で生み出された電気をためておける家庭用蓄電池も増えています。...

      detail