飲食店への転職のメリット

飲食店で働くと大きく3つのメリットがあり、まず1つ目はコミュニケーション能力を身に着けることができます。

2つ目は人脈を増やすこと、3つ目は総合的な経済学(経営力)のスキルアップに繋がります。
1つ目のコミュニケーション能力を身に着けることができるというのは、バーや居酒屋、喫茶店でもどんな種類のお店でも必ずお客様との会話は発生ます。また客層も様々で年齢層の幅広い方が来店されます。

そこでお客様から話を振られることは日常的でどんな会話にも相槌をうったり、その話を広げる必要性がでてきます。
どんなにコミュニケーション能力の低い方でも長年飲食店を経験していると会話力や情報力というのは必ず向上するといっても過言ではありません。自分自身の会話スキルを上げたい方には、飲食店への転職は一番の近道でしょう。


2つ目の人脈を増やすことができるというのは、どんな飲食店でも常連客はつきます。

その常連のお客様というのは、お店の料理や雰囲気だけではなく、スタッフの対応や話を聞きたくて来店されるケースが多いです。

そこで培った人脈というのは、仕事としてではなく一人の人間として気に入ってくれているため、万が一困ったことがあっても助けてくれることも多いです。また、もしあなたが新しいお店(独立)を出店する際には、開店前からの常連客になって下さると思います。

3つ目の総合的な経済学のスキルアップというのは、飲食店はただ料理やドリンクを提供するだけではなく、原価率や利益率の計算もあります。


ただ料理の腕一本でできる仕事ではないのでトータル的な経営学も身に付きます。

飲食店への転職をすると違う角度から物事を見ることができるようになります。
飲食店への転職というと、難しそうと考える方も多くいると思いますが、自分自身の人間力を高めたい方にはお勧めな職業です。


http://www.kcif.or.jp/
http://www.epic.or.jp/zaiken/school.html
http://nkk-group.com/

運転免許の合宿免許のサイトが登場しました。

javaの学校情報が手に入ります。







MENU